犬の尿路結石を予防する方法※ドックフードも関係があるの?

無添加ドックフード

 

尿路結石になってしまうとたくさんの症状が出てきます。

 

例えば、
・尿の回数は多いのに、尿がでにくい
・トイレに時間がかかる
・尿に血が混じっている
・嘔吐もするし、食欲がない
上記のような症状が出ている場合は尿路結石になっている可能性があります。

 

このような症状が出ている場合は、尿路結石の疑いがあるのですぐ病院に連れて行ってあげて下さい。

 

尿路結石にならない為にも、予防していくことが大切です。

 

特に、パグ、ポメラニアン、マルチーズ、ミニチュアシュナウザー、ブルドック、ペキニーズ、ダックスフンド、ヨークシャーテリア、などの犬種が尿路結石になりやすいと言われています。ただ犬種によって結石の種類は異なってくるようです。

 

尿路結石の種類を知っておきましょう!

【ストラバイト結石】
これは発症率が高い結石です。基本的には細菌感染からくる膀胱炎です。尿のpHがアルカリ化することで結石になります。食事療法が効果的。

 

【シュウ酸カルシウム結石】
感染症以外の原因でpHが酸性化して結石ができます。老犬に多いと言われています。

 

【その他】
上記2つの結石が多いと言われていますが、他にも尿酸アンモニウム結石や、ケイ酸結石、シスチン結石などがあります。発症する結石は犬種や性別によって違ってきます。

 

尿路結石を防ぐ為のポイント

しっかり運動させる

しっかりと水分補給させて十分な量のおしっこを出して尿の濃度を高くしないことが、予防に繋がってきます。

 

運動量を増やすことで水分を補給する量も自然と増えるので、その分尿を出す回数も増えてきます。すると結果的に尿の濃度も低くなります。

 

トイレを我慢させない

長い時間トイレを我慢させてしまうと、尿路結石になりやすいと言われています。

 

散歩を毎日させたり、トイレの周りをキレイにしたりして、犬がトイレしやすい環境を作ってあげて下さい。

 

陰部を清潔にしてあげる

陰部が汚いと細菌が入り、膀胱炎や尿道炎になる可能性があります。

 

さらに尿かアルカリ化して結石の原因になったりします。

 

なのでなるべく陰部は清潔にしてあげましょう。

 

ドックフードを変えてみる

ドックフードの種類によっては、ハーブ類など尿路結石を予防する原材料を使用しているフードがあります。

 

例えば、当サイトでもご紹介している【カナガンドックフード】にもクランベリーが配合されていて、クランベリーは尿路結石の予防効果があると言われています。

 

なので、そのような尿路結石を予防してくれる原材料を使用しているドックフードを選ぶことでもっと安心して愛犬の健康を維持することができます。

 

そんなドックフードも検討してみてはどうでしょうか^^