犬が震える原因※ドックフードにも関係があるの?

無添加ドックフード

 

愛犬でなくても犬が震えているのを見てことのある飼い主さんは多いのではないでしょうか。

 

意外とほとんどの方が震えている犬を見たことがあると思います。

 

犬が震えている原因はたくさんあります。

 

例えばですが、
・体調不良
・ストレス
・ケガ
・加齢
このような原因が挙げられます。

 

犬が震えることはよくあることですが、震えを軽く考えてしまってはいけません。

 

犬の震えは、病気になっている可能性もあるんです。

 

犬は話すことはできないので、飼い主さんが愛犬の状態を見抜いてあげることで病気に対して対応してあげることができるんです。

 

もし震えから考えられる病気であれば、早い対応をすることで、病気を改善することもできます。

 

犬が震える原因って何?

犬が震える原因をピックアップしてみたので、まずはその原因を知っておきましょう♪

 

ストレス

人間だけでなく犬にも当然ストレスは溜まっていくことがあります。

 

犬にとってのストレスって何なのでしょうか?

 

犬がストレスを感じる場面はたくさんあります。

 

例えば、
・掃除機やドライヤーなど家電製品の音
・大きな音
・自動車の騒音
このような些細なことにもストレスを感じてしまう事があります。

 

また雷や地震などの自然現象にもストレスを感じることがあります。

 

ようは【恐怖】を感じることでストレスが溜まってしまうことが多いんです。

 

恐怖だけでなく留守番中の【寂しさ】もその原因になります。

 

なので飼い主さんがその原因を察して対処してあげる必要があります。

 

寒さ

これも人間と同じですが、寒さからくる震えもあります。

 

特に子犬や老犬です。子犬や老犬は体温調整がうまくできないので、体温が低くなってしまうことがあります。

 

あと室内犬は、室内の温度に慣れているので外に出て、気候が急激に変化した場合、震えてしまうこともあります。

 

もし寒さによる震えの場合は犬用の服を飼ってあげてくださいね♪

 

中毒症状

犬は散歩中に拾い食いをしてしまうことがありますよね。

 

拾い食いが原因で震えを招いてしまう事があります。

 

犬が食べてはいけないものを食べると犬の体が震えて下痢や嘔吐の原因になってしまうことがあります。

 

散歩中の植物も食べてはいけないものがありますし、人間の食べ物にも食べてはいけない食べ物があります。

 

そのようなものを食べて中毒症状を起こし、震えの原因になることもあるんです。

 

病気

 

犬の震えは病気からくることもあります。

 

例えば、
・低血糖症
・てんかん発作
・脳腫瘍
などですね。

 

これらの病気になると震えの症状が起こるので、犬の震えは必ず気にしてあげなければいけません。

 

なので震えている犬がいれば病気の可能性もある事だけは覚えておきましょう。

 

震えとドックフードは関係があるの?

老化が原因で震えが起こってしまう場合があります。

 

毎日与えているドックフードによって老化を悪化させてしまっている可能性もあるんです。

 

たんぱく質が不足することで老化が進んでしますことがあるのですが、ドックフードによっては価格を抑えようとしてトウモロコシや小麦、大麦といった穀物を主原料として使用しているフードがいくつもあります。

 

市販のドックフードによくあることです。

 

なので肉が主原料で、たんぱく質は豊富に含まれているフードを選ぶことで老化を遅らせることができるんです。

 

たんぱく質を多く含んだフードを与えてあげることで老化を遅らせ震えを防げる可能性もあります。

 

犬の震えとドックフードは関係がまったくないと思っている人は多いと思いますが、このようにドックフードにも関係してくるので、犬に必要なたんぱく質などの栄養が詰まったドックフードを選ぶことも大切なんです。

 

震えだけでなくたんぱく質が豊富なフードを与えてあげることで愛犬の毛並みや毛艶も良くなったりするので、できればそのようなドックフードを与えてあげることをおすすめします^^