酸化防腐剤入りのドックフードの危険性!添加物の恐怖!

無添加ドックフード

 

今愛犬に与えているドックフードに酸化防止剤は含まれていませんか?

 

酸化防腐剤はその名の通り、ドックフードの酸化を防ぐ為のものです。一見聞こえは良い様に思えますが、酸化防腐剤は愛犬の健康に悪い栄養を与えてしまうんです。

 

その悪影響ってご存知ですか?私は少し前までわかりませんでした。しかし、酸化防止剤はどんな危険があるのでしょうか?

 

その危険性や酸化防止剤についてピックアップしてみました^^

 

酸化防止剤とは?

ドックフードには犬の食いつきをよくするために動物性油脂が使用されていることが多くあります。その動物性油脂は酸化しやすいんです。そんな動物性油脂の酸化を防ぐために酸化防止剤が使用されています。これは消費期限を延ばすために必要なこと。もし、酸化いてしまったドックフードを愛犬が食べてしまうと嘔吐や体に発疹がでたり、下痢などになる可能性が出てくるからです。

 

その他にも酸化したドックフードを食べ続けると犬アレルギーを引き起こす可能性もありますし、アトピー症状まで招く可能性がでてきます。だったら酸化防止剤って必要なのでは?と思いますよね?

 

しかし、酸化防止剤が良いってわけではありません。酸化防止剤にも種類があります。悪い物もあれば体に優しいものもあるんです。

 

その種類をピックアップしてみました^^

 

酸化防止剤の種類とは?

天然の酸化防止剤

天然の酸化防止剤はビタミンC、ビタミンE、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、クエン酸など天然の素材からできているものなので、酸化防止剤といっても体に優しいと言われています。当サイトでご紹介しているドックフードにもこの天然酸化防腐剤が使用されています。しかし、効果は低いので賞味期限が短いというデメリットがあります。ただドックフードをまとめ買いせずに決まっている期間で使いきればいいだけの話です^^

 

人工合成の酸化防止剤

こっちの酸化防止剤が危険な方です^^人工合成の酸化防腐剤の中にはBHA,BHT、エトキシンなどの発がん性があると言われています。健康被害を及ぼす可能性高いと言われている化学物質です。しかし、法律により基準値が定まっているのでその基準を満たしているドックフードには健康被害がまだ報告されてないと言われています。ただ体にはよくない物質なので人口の酸化防腐剤入りのドックフードはさけたほうがいいと思います。

 

反対にメリットもあります。それは消費期限が長いということ。期限が長いのは酸化防腐剤などの添加物が多く入っているということです。ただ犬の事を考えると期限が長いというメリットよりも、短くても愛犬の健康に良いほうがいいに決まっていますよね^^