安いドックフードの危険性!添加物がたくさん入っている理由

無添加ドックフード

安いドックフードと高いドックフードでは愛犬の寿命がぜんぜん違ってきます。

 

というのはドックフードに含まれてれている原材料の問題。『愛犬がいつまでも元気でいてほしい』という思いはどんな飼い主さんでもあるはず。私達人間でも添加物が配合されている食品を毎日食べ続けると病気になってしまいます。

 

その原因の一つとして食品に配合されている添加物に原因があります。しかし、添加物が入っている食品を食べたからといってすぐに悪影響がでるわけではありません。

 

なので添加物入りのものを食べていても『ずっと食べているけど問題ないから大丈夫だろう』とおもって毎日添加物入りのドックフードを与え続けている飼い主さんが多いようです。

 

そこで今回は添加物いりのドックフードが及ぼす悪影響と無添加のドックフードのメリットをご紹介しています。

 

添加物入りのドックフードが与えるデメリット

添加物が入っているドックフードには防腐剤、保存料、抗菌剤、着色料、その他にもたくさんの添加物が配合されている可能性が高いです。

 

しかし、ほとんどの人がドックフードに記載されている原材料を見ずに購入されている方が多いのではないでしょうか?

 

さらにもし見たとしても原材料の表記が義務化されていますが、添加物の表記までは義務付けられていないのでわからないことが多いんですよね。

 

あと添加物が愛犬に与える体への影響ですが、添加物入りのドックフードは継続して食べる事で、毛並みが悪くなった、便秘、涙やけの悪化などの症状を引き起こしてしまう可能性があります。

 

添加物はそれだけではなく発がん性物質も入っているので気をつけなければなりません。

 

添加物は賞味期限を延ばす、コストを減らして安いというメリットもありますが、反対に、賞味期限を延ばす為に添加物を入れている、コストを減らす為に、安価な原材料を使っている事になるので、このようなドックフードは愛犬のためによくありません。

 

無添加のドックフードが犬に与えるメリット

無添加のドックフードは『病気にもなりにくい』というメリットがあります。まさに健康を維持できるということですよね。

 

その理由としては、
・普通のドックフードよりも栄養がたくさん入っている
・徹底したひんしつ管理
・添加物が入っていない

 

このように無添加のドックフードはメリットがたくさんなんです。

 

もし、添加物入りのドックフードが駄目だなと思っている方は是非無添加のドックフードを試してみてください^^